HOME >> 910profile当サイトについて >> 乱杭歯をそのままにしておくと成城学園前 インプラントから見れば危ない・

乱杭歯をそのままにしておくと成城学園前 インプラントから見れば危ない・

img43

 

名医の矯正治療は不正咬合を正常に

する成城学園前での最先端インプラント治療での歯科医療

 

▼ 正常咬合 *)歯並びや噛み合わせが良い事を俗に

「正常咬合」と呼びます。

 

正常咬合になるとインプラントのように多くの問題が解決していのです。

 

正しい咬み合せにより歯の接触面積が広くなり、

名医の目からすると咀嚼効率は向上、消化・吸収の促進、

健康な成長発育を促します。

 

さらに、インプラント治療と同じ様に健康な咀嚼運動は

脳神経の血流を促進するので老化防止にも効果があると考えています。

 

不正咬合の種類について叢生 そうせい という。

歯の生える場所が足りず、東京の立地のように凹凸や

重なって生えてくる状態を「叢生」と呼びます。

 

俗に別名「乱ぐい歯・八重歯」。

顎が小さいとインプラントの名医は顎に対して

歯の幅が大きいのが原因だと考えております。


歯医者トピックス インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。