HOME >> 110topicsdインプラント・矯正歯科 >> インプラント 総入れ歯が受けられないケース

インプラント 総入れ歯が受けられないケース

一番のデメリットは手術が必要だということです

その他、骨の量が十分でない場合はインプラント 総入れ歯が受けられないケースがあること、治療期間が長い(約3ヶ月~1年)こと、歯周病などで歯茎が下がっている場合は見た目の回復が難しい場合もあることなどが挙げられます

また、治療後のメンテナンスがきちんとできない人には向いていないとか、費用が高い(1本約15~50万円)ということもデメリットと言えます

審美歯科では、具体的に歯列矯正、ホワイトニング、オールセラミック、セルコン、その他特殊材質による人工歯といった内容になっています

矯正歯科と美容歯科のどちらを選択するかは本人次第ですし、どちらか一方ではなく、両方を上手に組み合わせて治療するのも一つの選択です


歯医者トピックス インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。