HOME >> 110topicsdインプラント・矯正歯科 >> オペリスクを下げる喜多見 歯科の果敢な挑戦

オペリスクを下げる喜多見 歯科の果敢な挑戦

inform_img.gif

歯科医療従事者としての日頃の患者さん自身のブラッシングもとても大切ですが、実は歯肉の下の歯石や歯グキについているプラークは患者さんではなかなか取れません。

ですが、そう言う所にまでしっかりと踏み込んで、プラークをしっかりと取り切る事が、実は何よりもとても重要なのです。

喜多見 歯科でもその事実を元に治療を行っていくのです。インプラント治療の最大のリスクファクターは実は、歯科医院にあるというのです。

実は日々のインプラントの臨床の話学会の講演会の中で喜多見 歯科の歯医者でも最も印象に残ったのは実はインプラント治療に置いて最大のリスクファクターとはDRである!と明言されて、

それに対して講演しているようなDR全員が皆さん同意していた事でした。ですがそれは歯医者も全く同じ意見なのです。

それは、やはり患者さんと対峙することの多い医師がしっかりとしていることが一番重要なのです。

歯医者トピックス インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。