HOME >> 110topicsdインプラント・矯正歯科 >> 成城学園前 歯科で短縮した治療期間

成城学園前 歯科で短縮した治療期間

歯列矯正は、従来のブラケットとワイヤーを利用して強い力をかけて歯を矯正するブラケット矯正が一般的です

それ以外にも歯列矯正の装置を摩擦抵抗の少ない特殊なブラケットにし、弱い力で歯を矯正するデーモンシステム、歯の付け根部分の硬い骨にヒビを入れることで矯正するコルチコトミー、あるいは人工の歯を埋め込む入れ歯に代わる新しい歯科治療のインプラントの技術を利用したインプラント矯正があります

これらで治療している成城学園前 歯科では、通常子どもでも1年以上かかるとされる矯正期間を半年程度で終了できるようになっています。

入れ歯は歯茎に乗せただけですから、口の中で簡単に動いて不安定で違和感を強く感じさせますが、インプラントにしますとアゴ骨に直接固定されて支えられますから、自分の歯と同じように人工の歯で噛む振動がそのまま骨にも伝わって身体の一部のように感じることができます


歯医者トピックス インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。